第7世代復帰勢が淡々とポケモン

第5世代で一度引退したトレーナーが第7世代でまったりレートを楽しむ予定。

【ポケモンGO】ホウオウ参戦レポート

f:id:pokemonlemon:20171205145522j:image

こんにちは。@れもん。です。

 

2017年も師走に入り、残すところあと約1ヶ月となりました。自分の住む北海道はすっかり雪に覆われ外でのポケ活が辛くなってきたところです。

 

さて、11月でエンテイも終わり三犬イベントが終わりましたが月末から中旬にかけてホウオウの実装がされました。

 

f:id:pokemonlemon:20171205145502j:image

 

先日の鳥取イベントで先行実施されたホウオウレイドですがミュウツーとは異なり通常のレイドパスで参戦することができます。

 

自分も早速初日に参戦してきました。

 

f:id:pokemonlemon:20171205145522j:image

↑全ポケモンでもトップクラスのCPを誇るホウオウ。レイドバトルの数値は圧巻の48276。

 

f:id:pokemonlemon:20171205145753j:image

↑実装初日だがやや集まりが悪い札幌中心部。数回部屋を作り直し10人集まったところでバトルへ。セオリー通りに岩中心のパーティで挑む。

 

f:id:pokemonlemon:20171205145944j:image

 ↑残り30秒を残して無事撃破。

 

f:id:pokemonlemon:20171205150203j:image

↑ボールは12個。詳しくは捕獲のポイントで解説。

 

f:id:pokemonlemon:20171205150542j:image

f:id:pokemonlemon:20171205150634j:image

↑無事に初ゲット。大き過ぎて画面に入りきらないホウオウさん。

 

今回の伝説ポケモンレイドバトルについての情報は以下の通り。

 

・最高CP

ホウオウ→2222

・基本捕獲率→2%

・飴確保に必要な距離→20km

・バトル時間は300秒

・レイド出現時間は45分

 

◯捕獲のポイント

 

 サークルはかなり大きく近め。上下に激しく動くリングマ。カーブはあまりつけず、ほぼ正面にスピードをつけて投げるイメージだと中心に行き、excellent判定になりやすい。個人的には上段にいるときの方が狙いやすい感覚。

投げるタイミングは三犬よりもワンテンポ遅くするのが良い。これはポケモンとの距離が近いためで、今までの感覚で投げると威嚇が終わりきらずに弾かれてしまう。距離が近い分、普段カーブが苦手なユーザーにも頑張っていただきたい。

 

◯戦闘のポイント

 

基本的には複合弱点である岩技で攻める。お馴染み噛みエッジバンギラスゴローニャサイドンは今回も活躍してくれる。

注意が必要なのはホウオウのゲージ技がソーラービームの場合で、待機中のスタメンにカイリューやルギアが含まれている場合はソラビを警戒し草弱点のポケモンを避けてパーティを組みたい。反面、攻撃モーションはかなり大きいので羽ばたきを見てから回避行動しても十分に間に合う。

 

ホウオウ実装は今月12日まで。期間は短いですが高個体値目指して頑張りましょう!!