れもんまるのポケモン日記。

第5世代で一度引退したトレーナーが第7世代でまったりレートを楽しむ予定。最近はPokémon GOやポケモンカードに浮気中。

【ポケモンカード】ドリームリーグ収録カード考察②

こんばんは。れもんまるです。

 

昨日に引き続き新弾『ドリームリーグ』の考察メモを進めていきます。今回は残りのポケモンとトレーナーズです。

 

f:id:pokemonlemon:20190727191652j:image

 

評価はSが最上位で以下ABCDの計5段階。あくまで個人的な主観ですのでご注意を。

 

※評価基準の目安

S…堂々の当たり枠。環境上位に食い込む性能。

A…優秀カード。環境デッキへの採用も十分に検討できる。

B…標準クラス。他に競合相手がいなければ採用。

C…微妙。特定のカードとのシナジーがあれば採用を検討する。

D…残念枠。まずストレージで見かけることになるであろうカードたち。

 

凡例

・『』→エキスパンション名

・《》→カード名

・【】→アーキタイプ

・「」→技名など

 

 

 

 

 

闘タイプ

 

 

イワーク(B)

HP110。逃げ4。上技でエネルギーのサルベージができる。現環境で特殊エネルギーを再利用できる手段はごく限られているため非常に優秀な効果。進化先の《ハガネール》も2個玉対応なので合理的に噛み合っている。場持ちを優先させたいなら『ミラクルツイン』のイワークで構わない。

 

モグリュー(B)

HP70。逃げ2。上技でトラッシュから任意のカードを山に返す。『ミラクルツイン』の《ドリュウズ》の上技の下位互換とも言える性能で、LOやHAND系のデッキに採用が考えられる。

 

ドリュウズ(A)

HP140。逃げ4。技は上下ともに優秀。上技はLOの危険がつきまとうものの1エネ180ダメは破格の性能。下技は1エネで120ダメと、専用構築でなくても奇襲役として採用できる。

 

ガマガル(C)

HP90。逃げ2。進化先の《ガマゲロゲ》の条件を満たすための技を持つが中間進化でやるのはテンポ的に厳しい。ダメカンのばら撒きは《レインボーエネルギー》や《ナックラー》で事前にやっておく方が吉。

 

ガマゲロゲ(D)

HP160。逃げ3。特性は《マグカルゴ》と同じ地ならし。優秀な特性だが1進化と2進化の壁は大きい。となると活路は技による殴り手としての採用だがこれも「巌窟王」の《テラキオン》に劣る。何を取っても中途半端な性能である意味このポケモンの器用貧乏さをよく表しているとも言える。

 

 

鋼タイプ

 

 

ハガネール(B)

HP170。逃げ4。今弾唯一の鋼タイプ。魅力的なのは上技で、《怪獣マニア》や《エーテル財団職員》で山札を圧縮しつつ高火力を飛ばせる。専用構築では終盤の《リセットスタンプ》に弱いのが気になるのでなんらかの置きドロソは用意しておきたい。

 

 

妖タイプ

 

 

・ピッピ(C)

HP50。逃げ1。新カード《リーリエのピッピ人形》とのシナジーが特徴的な1枚。技を撃ちつつサイドを取られない身代わりを置けるのは優秀だが要求エネの重さが気になる。《ピッピ人形》自体を手札に持っておく必要もあるため実用化はややハードルが高いか。

 

 

龍タイプ

 

 

・レシラム&ゼクロムGX(A)

HP270。逃げ3。《ソルルナ》と双璧をなす今弾目玉カードの1枚。《ピカゼク》を彷彿とさせるベンチ狙撃のGX技と豪快な対面への高火力が特徴的。炎と雷という色の組み合わせは歴代数々のパワーカードに対応するためデッキパワーはかなりのもの。上技はベンチのエネルギーを参照するため《アーゴヨン》とは好相性。【ズガドーンアーゴヨン】や【アゴレック】に似たような構築が予想される。ただし《レシゼク》自体のエネを利用できなかったり、《Nの覚悟》が強力ながら不安定な性能であることから使いこなすのは難しいか。非GX系統への燃費の悪さも気になる。

 

 

無タイプ

 

 

ヨーテリー(B)

HP60。逃げ1。上技で相手の妨害ができるので悪くない。進化前はこちらを採用して構わない。

 

ハーデリア(D)

HP100。逃げ2。『コレクションサン』のハーデリアがCIPでグッズのサルベージができるためあちらの方が優秀。

 

ムーランド(C)

HP150。逃げ3。CIPとPIGを併せ持つ珍しい特性を持つ。1体でエネ破壊が2回行えるのは優秀で、上手くテンポアドバンテージを取りたい。特性の優秀さの反面、技の基本性能不足が気になる。《トリプル加速エネルギー》対応とはいえ110+30狙撃では2進化としては物足りない。

 

・タイプ・ヌル(B)

HP110。逃げ2。何度かカード化されている進化ラインだがヌルの対抗馬筆頭は「アーマーブレス」で場持ちが良くなる《覚醒の勇者》収録のものか。とはいえ今回のヌルは2個玉をトラッシュしてしまうものの50ダメは魅力的。仮想敵に合わせて好みで選んで良い。

 

シルヴァディGX(A)

HP210。逃げ2。アビスハンド再び。GXポケモンなので《無人発電所》で止まってしまうリスクはあるものの強力な置きドロソとして期待される。技はどちらも2個玉対応と優秀で、サブアタッカーとしての起用も十分に可能。各メモリを合わせて奇襲を仕掛けるのも面白い。

 

 

トレーナーズ

 

 

スイレンの釣竿(B)

ポケモンのどうぐとポケモンを1枚ずつ山に返すことができる新規グッズ。グッズの再利用手段は少ないので嬉しいが引き直しの手間が必要であり、即効性がないのは難しいところ。

 

・リーリエのピッピ人形(A)

《身代わりロボ》に近い性能を持つ新規グッズ。「サイドを取られない」ポケモンとして扱えるのは非常に優秀。【エビサワカポエラー】における《エビワラー》の交代先として使うもの面白い。使用後はトラッシュではなく山に返ってくれるのが地味に偉い。

 

・イツキ(B)

次に投げるコインの結果を一度限り操作できるサポート。使い道としては今弾の《ネイティオ》や『ナイトユニゾン 】の《カミツルギ》と組み合わせたワンショットキルコンボが第一候補。構築難易度は高いが《レアコイル》、《マチスの作戦》、《ルザミーネ》と合わせた無限ループ戦術もできそう。

 

・Nの覚悟(B)

ドラゴンタイプに山札からエネ加速ができるサポート。デッキは入るエネを12枚と仮定すると期待値的には1〜2枚の加速だが他のカードが全てトラッシュされてしまうのは痛い。《カキ》や《巨大なカマド》でエネを抜き取るとさらに期待値が下がるので構築が非常に難しい。

 

ホミカ(A)

対象が非GXポケモン全般まで広がった《ウルトラ調査隊》。元々のデッキが非GXならば全てのポケモンが対象になるので強力な縦引きカードとなる。デザイナーズコンボが存在する《ドガース》系統は勿論、【ほっぺすりすり】などポケモンが多めでサーチ手段が多い非GXデッキに広く採用されそう。

 

・メイ(A)

人気キャラが待望のカード化。発動条件は《ワタル◇》などと同じ。効果も汎用的で発動できれば非常に強力なカード。基本エネを採用する非GXデッキとは相性抜群。

 

・ヤーコン(A)

山札を7枚トラッシュし、グッズを全て手札に加える。《マサキの解析》と比べると対象がグッズのみに狭まった代わりに大量の回収が望めるようになった。《グレートキャッチャー》や《リセットスタンプ》など、強力な効果を持つグッズも増えてきているため終盤に撃てるとより効果的。恐らく《ドリュウズ》とのデザイナーズコンボを想定されたカードだが、エネを落とす系統のデッキとも相性◯。

 

・リーリエの全力(B)

4枚引きは非常に強力な効果だが、番の終わりに手札が減ってしまうので出来れば置きドロソを用意しておきたい。手札を戻すタイミングはサイドを取った後ということに注意。

 

 

 

今回はここまで。今弾は優秀なトレーナーズが目立ちますね。NとリーリエをはじめCHRなどコレクション的な価値もあるので是非箱買いしたいと思います。

それではまた〜

 

 

【ポケモンカード】ドリームリーグ収録カード考察①

こんばんは。れもんまるです。

 

テスト3日前です(白眼)

ぶっちゃけなんで記事書いてんだって感じですが今回も新弾考察します。

 

f:id:pokemonlemon:20190726195035j:image

 

評価はSが最上位で以下ABCDの計5段階。あくまで個人的な主観ですのでご注意を。

 

※評価基準の目安

S…堂々の当たり枠。環境上位に食い込む性能。

A…優秀カード。環境デッキへの採用も十分に検討できる。

B…標準クラス。他に競合相手がいなければ採用。

C…微妙。特定のカードとのシナジーがあれば採用を検討する。

D…残念枠。まずストレージで見かけることになるであろうカードたち。

 

凡例

・『』→エキスパンション名

・《》→カード名

・【】→アーキタイプ

・「」→技名など

 

 

 

 

 

草タイプ

 

 

ナゾノクサ(D)

HP60。逃げ1。技は回復効果とかなり微妙。これなら1エネ10ダメが出る『ダブルブレイズ』の60ナゾノクサがいる。マヒ持ちや毒持ちの50ナゾノクサも一考。

 

クサイハナ(B)

HP80。逃げ2。1エネで20ダメ+確定眠り。中間進化で技を撃つこと自体苦しい展開であることが多いので時間稼ぎ力が高いこちらが優先か。

 

ラフレシアGX(B)

HP240。逃げ2。特性で草タイプらしい回復効果を持つ。技は無傷なら2エネ180ダメとなかなかだがHP管理は難しい。《アマージョ》が立っていれば《満タンのくすり》から無限コンボできるが準備の難易度は高いか。

 

 

炎タイプ

 

 

マグマッグ(B)

HP80。逃げ3。1エネで確定やけどは悪くない。HP70だが逃げ2の『チャンピオンロード』収録のマグマッグと選択。

 

マグカルゴ(C)

・HP120。逃げ3。上技は山削り。1エネで2枚削れるカードはないが、2個玉で動く《アイアント》があるので進化が必要なこのカードを採用は微妙。《マグカルゴGX》のGX技も5枚しか削れないのでLOのスピードとしては疑問が残る。

 

コータス(C)

HP110。逃げ2。上技は4枚の炎エネをサルベージだが《炎の結晶》で解決できることなので技を撃つ必要があるのかは疑問。【エンニュートHAND】で炎エネ再装填の手段として用いるのはワンチャンありそう。下技は平凡。

 

 

水タイプ

 

 

・ニューラ(A)

HP70。逃げ1。珍しく氷タイプ想定での収録となった。《せせらぎの丘》対応となったことで各デッキでスタジアムの再考が必要になるかもしれない。また、【悪バレット】での《オーキド博士のセッティング》でニューラを複数体並べることができるようになったのも嬉しい。持ち技も及第点を与えられる性能。

 

マニューラ(B)

HP90。逃げ0。2個玉対応でないのは残念だが【悪バレット】でのサブアタッカーとしては採用が可能。鉢巻込みの条件ではあるが《レシリザ》をワンパンする手段ができたのは大きい。《月輪の祭壇》や《ナイトシティ》が無くても逃げ0枠の確保として腐りにくいのも◯。

 

ポッチャマ(B)

HP60。逃げ1。技は要求が重すぎるが進化先のエンペルトで踏み倒すことを前提とされたカードデザイン。CHRのヒカリちゃんが可愛いですね。ファンの方は収集頑張りましょう。

 

ポッタイシ(B)

HP80。逃げ2。優秀な狙撃技を持っているが中間進化であるため下技をエンペルトで踏み倒すのは難易度が高い。普通に使うなら【ウルトラムーン】のHP90ポッタイシがある。

 

エンペルト(B)

HP160。逃げ3。特徴的な上技が魅力なアタッカー。主に《ポッチャマ》の「バブルホールド」を踏み倒すことになるがデッキの軸とするにはやや火力不足が目立つか。《ポッタイシ》の狙撃技は優秀だが準備に時間がかかるのが難点。実は無色エネで動くので2進化で枠に余裕があるデッキならばサブアタッカーとして活路があるかもしれない。

 

オタマロ(C)

HP60。逃げ1。現状唯一のオタマロなのでこれを使う他ない。技はごく平凡。

 

ヨワシ(A)

HP180。逃げ3。非GX種ポケモンとしては破格のHPを持つ。技も3エネ130点となかなかの高性能。特性は癖があるが山に戻る=倒されなかったということなので明確なデメリットにはならなそう。【ヌオーアーゴヨン】のサブアタッカーとして使うなら自ら《アローラベトベトン》を立てるのも手。

 

シズクモ(D)

HP60。逃げ1。技はごく平凡。《コレクションサン》のシズクモで「あわ」してた方が強い。

 

オニシズクモ(D)

HP100。逃げ2。下技を2回撃っても220ダメでは余りに遂行速度が遅すぎる。自らの耐久も低くサイドレースに追いつけない。

 

 

雷タイプ

 

 

ピカチュウ(A)

HP70。逃げ1。待望の「ほっぺすりすり」持ちピカチュウ。プロモを買わなくてもすりすりデッキが組めるようになったのは素直に嬉しい。

 

ライチュウ(S)

HP120。逃げ2。自らがすりすり持ちなので《エモンガ》から手札に加えられるのが非常に強力。下技も1エネ起動になっており《ライチュウGX》を完全に過去の存在として追いやった。安定した展開と高火力が見込めるため環境入りも考えられる。

 

・コイル(B)

HP60。逃げ1。場持ち重視の技を持つので「マグナサーチ」を使わないのならこちら採用で構わない。

 

レアコイル(B)

HP80。逃げ2。中間進化にもかかわらずR枠を勝ち取った珍しいカード。特性が非常に強力で、サイド献上効果が《マチスの作戦》と合理的に噛み合っている。《ムウマージ》と比べると《やみのいし》によるスピードには劣るもののサポートの確定サーチができる点で安定感はこちらに軍配。

【悲報】ジバコイルさん、収録されず

 

 

超タイプ

 

ソルガレオ&ルナアーラGX(B)

HP270。逃げ2。表紙を飾る目玉カードの1枚。【カラマネロ超バレット】での新たなアタッカーとして期待される。上技は超版の「フレアストライク」だが《カキ》のような即席エネ加速手段がないためこのカードは初手受け入れにならない。超弱点である故に《ミュウミュウ》にワンパンされるリスクを常に孕んでいるのは怖いところ。反面、GX技を追加効果ありで先制できればミュウミュウ系統には滅法強いため出しどころは選びたい。

 

ドガース(A)

HP60。逃げ1。【コケコマタドガス】での新たな進化元として活躍が期待される。もともと非GXかつポケモンの比率が高いデッキ構成なので《ホミカ》が採用されやすいのも追い風。

 

マタドガス(B)

HP100。逃げ2。ドガースと同様の特性を持つ。「いのこりガス」のマタドガスとの兼ね合いになるが《ホミカ》要員で採用するのはあり。

 

・ネイティ(B)

HP60。逃げ1。【ロストマーチ】以外でネイティを使うならこちらで構わない。技も及第点。

 

ネイティオ(B)

HP80。逃げ2。旧裏時代からある「ライフダウン」は超ポケモンの伝統芸。《イツキ》や《戒めの祠》と組み合わせてワンショットキルを狙いたい。

 

ラルトス(B)

HP60。逃げ1。初の超ラルトス。【ミステリートレジャー》対応になったことでデッキ構築に変更がみられるかもしれない。技もエネをつけながら裏に逃げられるので悪くない。

 

キルリア(B)

HP80。逃げ1。1エネで確定眠りを持つのでそこそこの性能。HPや逃げエネは妖タイプのキルリアと変わらないので好みで採用。

 

エルレイド(A)

HP160。逃げ2。特性により弱点を突きやすい2タイプを得た。2個玉1枚で幅広く見られるのは大きな進歩。エネルギーを自然に裏に回せるのも優秀。ちなみに技のダメージ計算は弱点→抵抗力なので《ゾロアークGX》も問題なくワンパンできる。

f:id:pokemonlemon:20190726194934j:image

 

ミミッキュ(B)

HP70。逃げ1。注目すべきは上技で、炎デッキなら《溶接工》+手貼り+《カキ》で後1にして7エネ盤面を作ることができる。下技も優秀で【炎超ミュウミュウ】で是非採用したいカード。

 

 

 

今回はここまでです。次回は残りのポケモンとトレーナーズを見ていきます。

それではまた〜

 

 

【ポケモンカード】リミックスバウト収録カード考察②

こんにちは。れもんまるです。

 

今日から7月ですね。前の記事の時「次は明日上げます」とか言ってこのザマです。ごめんなさい。

ちなみに週末はひたすらポケモンカードをしてました。ジムで優勝したり自主大会で入賞したりそんな感じです。

 

ということで今回も新弾「リミックスバウト」の考察を続けていきます。

 

f:id:pokemonlemon:20190701100858j:image

 

評価はSが最上位で以下ABCDの計5段階。あくまで個人的な主観ですのでご注意を。

 

※評価基準の目安

S…堂々の当たり枠。環境上位に食い込む性能。

A…優秀カード。環境デッキへの採用も十分に検討できる。

B…標準クラス。他に競合相手がいなければ採用。

C…微妙。特定のカードとのシナジーがあれば採用を検討する。

D…残念枠。まずストレージで見かけることになるであろうカードたち。

 

凡例

・『』→エキスパンション名

・《》→カード名

・【】→アーキタイプ

・「」→技名など

 

 

 

 

悪タイプ

 

アローラニャース(C)

HP70。逃げ1。上技はコイントス次第でエネ破壊ができるが『超爆インパクト』収録のニャースが余りに優秀なので出番はなさそう。


アローラペルシアン(A)

HP200。逃げ2。非常に強力な特性を持つ。進化ラインを共有できる【ルガルガンペルシアン】や【ルガルガンゾロアーク】での新たな選択肢なり得る。闘弱点のGXは《レインボーエネルギー》などを採用してタッチした闘ポケ(主に《マッシブーン 》)を動かすことで対策しているデッキは多く、そういった対策ができない。これからは非GXデッキにおけるスタジアムのスタンダードは《戒めの祠》から《無人発電所》に移り変わっていくのか。

 

アローラベトベター(D)

HP80。逃げ2。《スターターセット超》に入っている「もってくる」持ちに比べると採用理由を感じない。生まれてくる時代が一歩遅かった。

 

アローラベトベトン(D)

HP140。逃げ4。1進化にしてはなかなかの高耐久を誇るが技の貧弱さが目立つ。上技は状態異常のデパートだが素ダメ不足。下技も平凡で環境に食い込むのは難しいか。使うなら『ダークオーダー』の《アブソル》などで相手の逃げを妨害したい。

 

・アブソル(D)

HP100。逃げ1。無色対応で破壊範囲が広がっているものの悪タイプなら『ダークオーダー』の《イベルタル》に比べるとあちらは逃げ0ポケモンとしても優秀でありこちらをわざわざ使うメリットを感じない。どうしても特殊エネを割りたいなら《改造ハンマー》で良い気がする。

 

コマタナ(B)

HP60。逃げ1。初の悪コマタナとなる。鋼の補助を受けられなくなったが代わりに《クチナシ》の対象になるのは覚えておきたい。上技はピーピング+グッズ破壊と悪くない。相手のゲームプランが崩れてターンが貰えれば美味しい。

 

キリキザン(D)

HP120。逃げ1。上下技とも威力の低さが目立つ。特に下技は連発が効かず逃げ0というわけでもないのがモヤモヤする。

 

アクジキング(S)

HP150。逃げ4。種ポケモンとしては破格の耐久と強力な追加効果を持つ下技が魅力のファッティ。重めのエネ要求値に見えるが《ガオガエンGX》入りの【悪バレット】ならば2ターン目から動くことも十分に可能。追加効果の範囲が限定されていないため進化しそびれた種ポケモンを狩りながらサイド2枚取りなどインチキレベルの動きができる。正直カードパワーおかしい。

 

 

無タイプ

 

 

ザングース(C)

HP100。逃げ1。下技は相手のバトルポケモンに乗ったダメカンの数だけ追加ダメが入るが流石に×10では火力不足か。《ドンカラス》と違って火力は出ない分進化が必要ないことに活路を見出したい。とはいえこいつで一掃できるくらいならスワップで抜いたほうがいい気がしてきた。

 

ヌイコグマ(C)

HP80。逃げ2。たびたび収録される進化ラインのひとつ。他に80ヌイコグマは『サトシvsロケット団』に収録された2個玉20ダメのもの。基本的には安定を取ってそちらを採用したいが、入手難易度を考えればこちらでも構わない。コインが表連発なら無敵技だし。

 

キテルグマ(B)

HP120。逃げ2。旧裏プレイヤーならお馴染み「にげるサポート」の《ドードリオ》を彷彿とさせるシステムポケモン。《シルヴァディGX》に比べるとアタッカー性能を失った代わりに非GXとなり対象も「このポケモン以外の自分のバトルポケモン」に広がった。《キテルグマ》以外ではないので《キテルグマ》を2体立てればお互い逃げ0になることは覚えておきたい。枠に余裕があり逃げの重いデッキなら採用の余地はある。

 

 

トレーナーズ

 

 

・グレートキャッチャー(S)

キャッチャー系統でも特に高いカードパワーを持つ一枚。《ハイパーボール》と同様のコストでGXポケモン限定だが確定《フラダリ》できる。ますますテテフとデデンネの餌化が進むのは間違いない。

 

オーキド博士のセッティング(A)

タイプの異なる3種類の種ポケモンをベンチに並べることができる。《ウツギ博士のレクチャー》に比べると高いHPの種ポケモンやGXも並べられるのが強み。反面手札を介さないのでCIP特性が使えなかったり同じポケモンを並べることができない点には注意。《ヌイコグマ》や《シズクモ》など別タイプの同型再販が存在しているポケモンとは相性がいい。

 

・ローラースケーター(A)

条件付きながら1枚コストで発動できる《マーマネ》。エネルギーを落としながらドローできるのはなかなか強力だが安定して使用するならエネを確実に手札に入れる手段が欲しいところ。具体的には《トキワの森》《エネルギースピナー》あたりか。

 

 

エネルギー

 

 

・ドローエネルギー(A)

つけるたび1ドローできる新規エネルギー。無難に強いので無色対応のデッキなら自然に採用が期待できる。《リサイクルエネルギー》や《ウィークガードエネルギー》と枠を争うので枚数は要相談。

 

 

再録枠(評価省略)

 

 

・エネルギー回収

『ひかる伝説』以来実に2年ぶりの再録。一時期は【非GXズガドーン単(ひのたまサーカス)】で採用されるなど値段が上がったがこれで安定供給されそう。

 

・エネルギーつけかえ

毎度お馴染み基本カード。ピカゼクもあまり見なくなりましたね。

 

ポケモンいれかえ

こちらもお馴染み。そろそろSMレギュだけでも入れ替え60枚デッキを組める方が増えてきたのでは?

 

ポケモン通信

『タッグボルト』以来初再録。世界大会レギュで軒並みボールが落ちることもあっての再録か。ぼんぐり職人さんニート化の時も近い😢

 

・アンズ

『ナイトユニゾン』以来まさかの再録。カードパワーは抑えめだがシールド戦用に丁度良いドローソースを選んできたのは素直に感心した。何故地底探検隊より先にこっちが😡

 

・ジャッジマン

先1ジャッジ許しません。あほ◯ね。

 

・ダート自転車(TR)

『デッキビルドBOX』以来の再録。最近またじわじわ高騰してきた感もある。夕日のイラストが実に美しい。

 

エスケープボード(TR)

こちらも『デッキビルドBOX』以来。URは未だに高く、ミラーに至ってはURより高いCL入賞プロモしかないので嬉しい収録。

 

・おじょうさま(TR)

チャンピオンロード』以来まさかの再録。個人的にはADV時代の緑服のお嬢様を期待していたのだが…

 

・溶接工(TR)

『ダブルブレイズ』以来初再録。相変わらずのイケメンさ。《リザテル》とこれを引いてシールド戦優勝できなかったら才能ないのでポケカやめましょう。

 

・ウィークガードエネルギー

現行の『ミラクルツイン』に続き連発。シールド戦の関係で再録されたのだろうが出回りの少なさと再録期間の長さを考えると『じゃくてんほけん』でも良かった気もする。

 

 

今回はシールド戦が開催されることもあり全体的に控えめなカードパワーですね。自分はシールド戦に出る予定なのでGXだけシングルで買ってあとはシールド戦の物だけにしようと思ってます。

それではまた〜