第7世代復帰勢が淡々とポケモン

第5世代で一度引退したトレーナーが第7世代でまったりレートを楽しむ予定。

【ポケモンカード】10月使用構築「デンリュウゼラオラサンダー」②

こんにちは。@れもん。です。

前回は構築内容をご紹介しましたが今回の記事では先日行われた新弾バトルの対戦記録をつけていこうと思います。

 

10月にポケモンセンターで行われた新弾バトル。初の大会出場ということでそれなりに緊張しながら列に並びました。デッキチェックを終えていざ対戦へ。

 

f:id:pokemonlemon:20181108091552j:image

↑使用構築はこちら(再掲)。解説は前回の記事をご参照ください。

 

pokemonlemon.hatenablog.com

 

 

 

1戦目 VSルガゾロ(後攻)

 

記念すべき初対外試合はルガゾロ使いのお兄さん。お兄さん、緊張しすぎでじゃんけんの相性を勘違い。

初手から順調にゾロアイワンコを建てられる一方でこちらはサポが引けずメリープゼラオラが精一杯。

相手側に2ターン目にトップからゾロアークを引かれ理想ムーブでブン回される。

苦しい序盤戦から中盤はコケコGXを展開し追いつきを見せるものの返しで夜ルガに狩られ、ジャッジマンで事故ったところで事実上のゲームセット。手札3枚でジャッジマン撃たないで。その後はゾロアークに押されました。

 

4-6 ●

 

 

2戦目 VSゼラオラライコウ

 

2戦目は彼女と思わしき女性と参加されていたお兄さん。

雷デッキ同士の戦いとなりましたがこちらは手札事故。初手で引いたメリープを盾に眠らせる。一方眠らされた相手のゼラオラは一向に起きる気配も見せず起きては眠らされ起きては眠らされの連続。

お兄さん「…永遠に寝てる」

本当にごめんなさいでもそういうデッキなんです。

そうこうしているうちにこちらの態勢も整い殴り合いに。こちらのサンダーでは打点が伸び切らず、雷弱点のため返しで次々と落とされていくので苦しい戦いでしたが最後はデンリュウを建ててエレキパワーからのインパクトボルトでゼラオラを狙ってフィニッシュ。なんとか振り切ってこの日初勝利を挙げました。

対戦終了後

れもん「ずっと寝てましたね」

お兄さん「寝てましたね〜」

 

 

6-5 ◯

 

 

3戦目 VS道具落としニダンギル

 

お相手は巨大なキャリーバッグを持ち歩き強者オーラ漂う男性。いかにもカードゲーマーといった趣。

この日初めて先攻を取りスタート。ふむふむ相手はジラーチか。そしてベンチを見ると「ヒトツキ」。

あっこれ道具落としだ…

道具落としは仲間内で試した人がおらずほぼ初見状態。

それでもこちらは初手リーリエ8ドローを決めるなど珍しく順調な立ち上がり。

一方お相手も「ねがいぼし」でリーリエスタート。さらに「エスケープボード」も展開しなかなか早めのゲームへ。

やや押され気味の中盤戦で、こちらはデンリュウを建てればバトル場のテテフを落とせる場面。デンジからハイパーボールを拾いたい場面で痛恨のサイド落ち発覚。途中のプレイングでハイパーの残り枚数を把握していなかったミスでした。結果的にこれが敗因となり敗北。悔しい結果となりました。

感想戦によるとギルガルドは入っていないとのこと。メモリーエネルギー型は使い勝手が難しいようです。イベルタルにくつがえされますしね。

 

3-6 ●

 

 

とりあえず午前中に3戦を終え13時も回ったのでここでお昼にすることに。

f:id:pokemonlemon:20181108092010j:image

なんの変哲も無い吉牛です()紅生姜は大量に入れる派です。

f:id:pokemonlemon:20181108092242j:image

ちなみにこの日はダンバルコミュニティデイの1日目でもありました。この日はポケカメインだったのでお昼に少しだけ参戦しただけでしたが2体の色違いを確保。

 

 

 

ブレイクタイムを終えて午後参戦。シロナを獲得したことで参加者もやや減って待ち時間も少なくなりました。引き続き3勝で貰えるプロモシロナを狙って戦います。

 

4戦目 VSグラエナゴロンダ

 

ポチエナという見慣れない初手ポケモンからの「マーズ」。ハンデスデッキとのマッチングとなりました。シロナを抜かれて厳しい展開となりながらもボール関係に恵まれサンダーで順調に種ポケモンを落としていく。

一方お相手は進化ラインがなかなか引けず苦しい展開。ハンデスが機能するのも遅くハンドが多い状態ではゴロンダも効果的とは言えずそのまま押し切って勝利。

5-0 ◯(対戦相手の種ポケ切れ)

 

 

5戦目 VSライチュウ

 

ポケカキッズ。構築もしっかりしているとは思えず最後はカプサンダーGXでライチュウを落として普通に勝利。中盤戦サポが全く引けなくなり苦しかった。ちなみに隣で対戦していたこの子のお母さんはガッチガチのグロスデッキでした。

 

5-3 ◯ (対戦相手の種ポケ切れ)

 

 

6戦目 VSゼラオラサンダー

 

シロナは獲得できたものの今ひとつ物足りなかったのでフリー対戦へ。最後の相手となるおじさんとはゼラオラサンダーミラー対決となりました。

序盤からお互いにサンダーを駆使して殴り合う展開ながらこちらは後続をなかなか建てられない。さらに先にエーテルパラダイスを貼られたことで手札にスタジアムが腐りハンドも重い。

中盤戦でこちらはコケコGXからゼラオラを落とす奇襲に成功しサイドはほぼ互角に。

最終盤はお相手がエレキパワーを2切られば勝ちという場面でシロナ→ゼブライカはやがけでも引けずなんとか勝利。

ただしこの場面、お相手がエレキパワーに拘らずデンジュモクのGXを切っておけばこちらのサイドが増えて難解な局面でした。感想戦でそこを指摘すると「頭にも浮かばなかったですー 」と悔しげな顔。そら普通デンジュモクのGXなんて切らないわな…

 

6-5 ◯

 

 

全部で6戦行い、結果は通算4勝2敗となりました。

 

そして…

 

 

 

 

プロモシロナいただきました〜!!

 

 

かなりの数もかなり少なくなっていたみたいなのでなんとかギリギリで獲得できてよかったです。

ポケカの対戦会に出たのは初めてでしたが様々なデッキと対戦できて楽しかったです。

11月はプロモのフウとランが賞品になるみたいなのでまた出場してみたいですね。まずはテテフを用意しないと…

 

今回はこれで終わります

それではまた〜 

 

【ポケモンカード】10月使用構築「デンリュウゼラオラサンダー」①

こんにちは。@れもん。です。

実に約4ヶ月ぶりの更新となりました。

記事を書こうと思ってはいましたがとにかく忙しくTwitterも低浮上になる有様。秋も終盤に差し掛かりようやく時間ができたのでこれからはポツポツと書いていこうと思っています。

 

さて、この3ヶ月でひとつ変わったことがあります。というか新たなジャンルに挑戦しています。

 

 

 

 

それは…

 

 

 

ポケカ始めました!!!

 

 

 

 

わーパチパチ👏👏👏

 

まあ始めたときの話はおいおい記事で書くとして今回はいきなり構築記事です。

 

ご紹介するのは10月に発売された新弾「ダークオーダー 」のカードを使用したデッキ。

プロモシロナ争奪の「新弾バトル」はこのパックに入った新規ポケモンのカードを6枚以上投入しなくてはなりません。

 

今回自分が握ったデッキはタイトルにもある「ゼラオラサンダー」。詳しいデッキレシピは以下の画像の通りです。

f:id:pokemonlemon:20181031131608j:image

f:id:pokemonlemon:20181031131710j:image

 

それでは詳しい解説に入ります。

 

◎構築概要

 

ダークオーダーのカードリストを眺める中で感じたのが「雷タイプの強さ」。なにこれエレキオーダーじゃん。その中でも非GXのサンダーは条件付きながら1エネで80点を出すことができ、序盤から相手の種ポケモンを狩る動きが強いと考えて構築の軸とすることを決めた。

 

また、グソクムシャのように入れ替えながら戦うことをメインとするため、相性のいい「ゼラオラGX」を採用。デッキの潤滑油として特性「ふわふわまくら」により相手の足止めができるメリープを組み込んだ。さらにゼラオラだけでは火力に不安が残るため「デンリュウGX」をフィニッシャーとして採用。終盤に飴で即進化することをメインとするためモココは不採用とした。

 

ポケモン

 

・サンダー×3(新弾)

構築の軸。僅か1エネで80点という高火力を持つ。大抵の未進化ポケモンを一撃で葬ることができるのが強み。「こだわりハチマキ」を巻いたり「エレキパワー」を切ることで110ラインに届き、「サンダー」「イベルタル」「ゾロアーク」などを落とすことができ、序盤中盤終盤隙がない。

このデッキでは貴重な闘抵抗を持つポケモンであり小マッシの「スレッジハンマー」を素で耐えてくれるほか、「エーテルパラダイス保護区」下では「ゾロアークGX」のライビも耐えるので耐久値も及第点。

 

ゼラオラGX×2

軸その2。特性によって自分のポケモンが逃げエネ0となり驚異の機動力を実現する。このデッキではエネをトラッシュに落とす手段がなくGX技を切る旨味がないのが難点。コケコGXが刺さらなそうでサンダーが起動しないならなら1エネ落ちでもGXを切ってよし。

 

メリープ×2&デンリュウGX2(新弾)

特性により相手を足止めしつつ展開を狙う。先攻でも眠りにさせることができるのが強い。苦しい時でも入れ替えることで実質全ての技に眠りの追加効果を持たせることができる。

デンリュウメリープが不要になった中終盤に展開する。ダークオーダー環境ではワンバンされるなどがほぼなく壁にもなってくれるのが本当に優秀だった。

デンリュウのGXを切る事態はほぼ負け。

 

・カプコケコ◇(新弾)

チート。終盤にネストからエネ加速する。ゼラオラの起動タイミングで切るのがベスト。特性発動が手札から召喚ではなく場で発動できるのでネストで持ってこれるのがとても優秀だった。

 

・カプコケコGX

フィニッシャー。できるだけGXはこいつを切りたい。終盤にデンジ→ハイパーで奇襲するのが目的。ハンドに握るだけでもガエンの「スカーチャージ」にプレッシャーを与えられたりするので効果はある。

 

◯グッズ

 

・ネストボール×4

ポケモンメインなのでフル投入。

 

・ハイパーボール×2

主に終盤にかけてデンリュウやコケコGXを引っ張る。

 

・こだわりハチマキ×2

貼るのはゼラオラデンリュウでGXにワンパンを狙うときがベストだがサンダーにつけて2パン圏内に入れても良い。

 

・エレキパワー×4

雷の強さを支える屋台骨。自由にバンプアップできるのが強すぎる。相手から見ると手札があるだけでこのカードの存在を考えなくてはならない。エレキチャージャーは弱いので抜きました()

 

・フィールドブロアー×1

「ブラックマーケット◇」は剥がせないものの道具落としへの回答として採用。火力がギリギリなのでこれがないとゲノセで詰む。

 

・レスキュータンカ×1

序盤で落ちたメリープの再回収、ゼラオラの再展開、コストとして落としたコケコGXを拾って終盤で奇襲など様々な役割を持つカード。2だと腐るので1だが大切に扱いたい。

 

ふしぎなアメ×2

デンリュウ用。デンジで持ってくる。サイド落ちが怖いので2。

 

・エネルギーつけかえ

エネ事故を擬似的に防止できるカード。エネスピと迷ったが、コケコ◇→手張り→エネ付け替えでゼラオラが起動できたり、後攻1ターン目に「ふわふわまくら」→迅雷ゾーン逃げ→エネ付け替え→「アサルトサンダー」というパワープレイができたりする。

 

・ダートじてんしゃ×2

擬似ドロソによる山札圧縮。デンジで仕方なく持ってきても最低限の仕事をしてくれる。

 

◯サポート

 

・リーリエ×3

説明不要のドロソ。初手に引かせてください。テテフあるなら2でも良い。

 

・シロナ×4

説明不要の汎用ドロソ。フル投入。

 

・フウとラン×1

5枚目のシロナ。入れ替え機能は1回使っただけでした()

 

グズマ×3

序盤から種を引き抜くもよし、終盤でGX狙うもよしの優秀カード。

 

・デンジ×3

エネ事故防止しつつどの場面でも活躍できる優秀カード。序盤はネスト展開、中終盤は飴やハイパーでデンリュウを立てたりエレキパワーで火力底上げしたりと八面六臂の活躍を見せた。

 

アセロラ×1

疲弊したゼラオラやサンダーを再展開する。サンダーは1エネなので非常に相性がいい上、入れ替え札としてもとても優秀。デンリュウ回収

デンリュウを諦めるか、飴が山に眠っているか、よく把握してから使うこと。

 

ポケモンだいすきクラブ×1

種を2枚ハンドに加える。序盤の展開要員としての採用だが終盤コケコGXを加える動きもあった。テテフがあるならこの枠と差し替えが有力。ツボツボをピン刺しするならもっと価値が上がるカードかもしれない。

 

◯スタジアム

 

・サンダーマウンテン◇×1

雷デッキ御用達のぶっ壊れスタジアム。サンダーは0エネで80点、デンリュウは1エネで150点を叩き出すこととなる。エネの少ない序盤でもサンダーで強引に落とすプレイングができるのが強み。

 

エーテルパラダイス保護区×2

種が多いので恩恵が多い。特にサンダーの耐久が140ラインになるのが大きい。ブラマ貼り替え意識で3枚採用していたがミラー相手だとハンドで腐るので2に減らした。

 

 

◎立ち回り

 

序盤はネストなどでとにかく種を並べる。スタートはメリープがベストでゼラオラサンダーが次点。ただ迅雷ゾーンで逃げられるのであまり気にしなくても良い。両コケコはかなり苦しい。

並べる優先度はゼラオラ>>>>>サンダー>メリープ。とにかく迅雷ゾーンを発動させないと鈍足の集まり。サンダーが技を打てなければ眠らせておく。

並んだらまずはサンダーで種を狩る。ベンチのゾロアを引っ張って倒せればベスト。

 

中盤はサンダーを展開複数しアサルトサンダーで狩っていく。裏でゼラオラ、余裕があればデンリュウを立てておく。

 

終盤はゼラオラデンリュウでGXを相手にする。サンダーでダメが入っていればベストだが無理ならデンリュウの「パワーリチャージ」を絡めて2パンを狙う。

 

 

思ったより長くなってしまったので対戦記はまた次の記事でご紹介します。

それではまた〜

 

【ポケモンGO】平日ミュウツーは時間との戦い

こんにちは。@れもん。です。

 

f:id:pokemonlemon:20180712110626j:image

 

ここ最近本州の天候が凄まじいことになっていますが皆さんお住いの地域は大丈夫でしょうか??

北海道は平穏です。自然災害のニュースっていつもどこか違う世界の出来事のように感じるんですよね、しかも北海道に被害が来る頃にはみんなもうそのニュースに飽きてるというかなんというか…

 

さて、今回は先週参加してきたEXレイドの模様を日記にします。といっても参加は通算4度目ですし特筆すべき出来事はあまりないんですけどね。

 

今回の開催時間は金曜日の夕方。前回は水曜10時とかいうふざけた時間帯だったのでさすがに諦めましたが18時ならなんとかなる!と思い参加を決意。

 

というか平日の昼間の開催意義って何なんでしょうね。仕事の関係で平日休みの方もいると思いますが夕方な夜にすれば仕事帰りや学生も参加できるし。昼開催して人集まらなかったら悲劇ですし。

 

話を戻して金曜日当日。18時から開始なのでその5分前までには会場に到着したい。参加人数が制限されるEXレイドで遅刻は致命的ですからね。

当日のれもんは4限まで。しかし実習なので時間が押すことは明白。毎回終了時間にバラツキがあるので早く終わることを願いつつ作業を進める。

やや押し気味ながらなんとか作業が終了し、実習は終了ムード。しかし…

 

 

ぼく(これなら余裕で間に合うな)

教授「今日の掃除当番はお前らだぞ」

ぼく「」

 

 

実習室の掃除当番。これが意外と面倒臭い。床をお好み焼きのヘラみたいなもので汚れを刮ぎ落としさらに拭き掃除。この日の掃除はいつもより厳しく順調に時間を食われる。

ようやく掃除が終わった頃には電車が出る5分前。そこからはダッシュで着替えを済ませて電車に飛び乗る。

そしてなんとかレイド開始1分前に会場に到着したのでした。

 

f:id:pokemonlemon:20180712104602p:image

↑仕事帰りと思われるプレイヤーで溢れる歩道。お店と歩行者の邪魔にならないようにマナー良くプレイしましょうね。

 

集まっているのはざっと30人くらいでしょうか。ということは第二陣までは確実に勝てるはずなので安心して参加できますね。

 

f:id:pokemonlemon:20180712105100j:image

f:id:pokemonlemon:20180712105119j:image

↑ EXパスを使用して10人でレイド開始。

 

f:id:pokemonlemon:20180712105219j:image

↑あっさり100秒でクリア。ミュウツーは耐久が低いのでいつもダメージボーナス稼ぐ前に終わってしまう()

 

 

↑金ズリを使って無事ゲット。個体値は低めだけど怖くてパイルを使う勇気はないんですよね笑

 

f:id:pokemonlemon:20180712110717j:image

↑ついでにレジアイス参加してきました

 

 

なんかほんとに日記みたいになってしまいましたが今回はここまでです。またそのうち更新します、それではまた〜

 

 

 

 

追記

 

7月20日分のレイドパスが当たりましたが…

金曜、13時(絶望)

だからやめてくれって😡😡😡